ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

タグ:ガーデニング ( 23 ) タグの人気記事

in bloom

早いもので、今日からもう12月。日中の陽だまりがありがたい季節です。
b0241873_1735030.jpg

ここのところのやわらかい陽射しをうけて。パンジーの花芽たち、ほころび始めました。
単植のこちらは、イエローに、ココアのような優しいアンティークカラー。
b0241873_17105493.jpg

寄せ植えのこちらは、クリームイエローにペールピンクの淡いグラデーション。
どちらも”わらく”とゆうシリーズで、立体的な花びらや色味も好みで、うれしい出会いでした。寒さに強く、冬も良く咲いてくれるそうです。

日当たりの弱かったもうひとつの寄せ植えは、同じ日に植えたものでも花芽がまだ上がらず、あわてて日向に移してあげましたが…陽射しをあびるすがたを、おろおろと見守っているところです。
そんな植物の素直さにふれるのも、園芸の魅力のひとつですね。

b0241873_17342797.jpg

そして先月は、母の誕生日があり。今年のお花は、シルバーピンクなイメージで。
b0241873_17421753.jpg

ご近所に新しくできたお花屋さんは、実ものやグリーンも豊富な好みの品ぞろえで、嬉しいかぎりです。
b0241873_1744883.jpg

それぞれ活きもよく、この時から半月以上たった今も、玄関を彩ってくれています。

寒さをほっと和らげてくれるような、冬のお花たち。
心地よく咲いてもらえるよう、お手入れを楽しんでいきたいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-12-01 10:17 | お庭のこと

冬じたくの庭

ここのところは空も澄みわたり、日中のやわらかい陽ざしがありがたいですね。
とは言え、空気はきりり、と冬の気配です。

この季節といえば、とゆうことで。
b0241873_17595452.jpg

あずきをゆっくりコトコトと、おしるこに。
祖母の好物でもあったおしるこ。小さい頃から冬になるとよく作ってくれ、アクとりをお手伝いしたりしたものです。
ひとりで作ってみると、休む間もなく浮かんでくるアクと向き合いながら、あのお手伝いもすこしは助けになっていたのかもなぁ、としみじみ思ったりで。
冬のあいだに、また作りたいおやつです。

先週の寒さがます前に、庭も冬のお手入れを。すべりこみで間に合いました。
b0241873_21245665.jpg

今年もたくさん咲いて楽しませてくれた、ベゴニア・タブレット。土を入れ替えてあげ、お部屋の中で春を待ちます。
b0241873_1828398.jpg

葉ボタンとパンジー、ガーデンシクラメンを寄せ植えに。
パンジーは、ビオラとパンジーの良いところをあわせ持つとゆう、”わらく”のシリーズ。ポットのままで何日か経ってしまい、ひと花咲き終わっており。次のつぼみの上がってくるのを、待っているところです。
b0241873_18383831.jpg

フリルの葉ボタンとパンジー、パルファム・ドュ・エチオピアと初雪かずらをあわせて。
b0241873_18503181.jpg

こちらには、おどり葉ボタンとフリル葉ボタンの、2種類を。ホワイトのガーデンシクラメンは、かすかにフリル気味?の、フラメンコダンサーとゆうシリーズ。とりわけ寒さに強いそうで、春まで元気に咲いてくれますでしょうか。
合わせたアイビーは、切りとって水に挿して飾っていると発根してくれる枝があり、それらを土に植え戻してあげたもの。
ワイヤープランツも、ひとつのポットからぐんぐん増えて、いろいろと活躍してくれています。
b0241873_2144114.jpg

ガーデンシクラメンも、上手なお手入れが出来れば夏越しできるそうで…

長い冬の庭しごと、植物たちをのびのびと生かしてあげられるように、こころを配っていきたいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-11-21 10:17 | お庭のこと

colors

久しく更新をお休みしていた間に…気付けばもうぽつぽつと、冬支度な今日この頃です。

b0241873_18324084.jpg

秋のおわりを知らせてくれる、庭のマムたち。今年もきげんよく咲いてくれました。

いくつか撮りためていた秋の色たち、のせていきます。
b0241873_18492171.jpg

たわわに実ったざくろの木。お彼岸のお参りの日の一枚でした。
まだ夏のなごりの陽ざしが、すでになつかしく。
b0241873_18555414.jpg
b0241873_18561990.jpg

きれいなお野菜をいただきました。うつくしいストライプの茄子、はじめての嬉しい出会いでした。お味もクリーミーでなめらか。とても美味しくいただけました。

b0241873_195972.jpg

気になっていたカフェに立ち寄り、手作りのショコラタルトを。シンプルかつしなやかな空気感、静かな心地よいひとときでした。
次回はぜひ、お食事に訪れてみたいお店です。
CharanPaulin


b0241873_2123154.jpg

愛用していたミラーポーチがだめになってしまい。自分用にあたらしく、制作を。
b0241873_21305340.jpg

以前のものからミラーをとりだして、リユースです。お気に入りのファブリックたちを合わせて、やさしい色合いに。
b0241873_2133492.jpg

ヴィンテージファブリックのシルクシフォンのお花をそえて、ふんわり感をだしました。
日々手にふれるものの色味や質感、大切にしていきたいです。

と、あっとゆう間に過ぎていった秋。写真でそっとふりかえってみました。


今年の寒さの早めの訪れに、ツリーを飾る気分も早まって。
b0241873_22405742.jpg

長い冬をむかえる準備。こつこつと、はじめています。
[PR]
by windeeblog | 2013-11-17 22:50 | 日々のこと

夏の庭、あれこれ。

今日で8月も終わり。虫たちのかなでる音色も、秋の気配ですね。

過ぎゆく夏を惜しみつつ。ぽつぽつと撮りためた、夏のお庭の植物たちです。

b0241873_1634523.jpg

暑い中健気に咲いてくれたお花たちは、切り花にしてもいたみやすく、気が引けてしまいます。ぐんぐんと伸び盛りのグリーンたちであれば、見た目も涼やかに、長く楽しませてくれます。

ふわふわのアジアンタムは、庭のかたすみに、こんもりと自生で育ってくれました。置いた鉢から胞子がとんだのでしょうか、半日蔭のあの場所の居心地、気に入ってくれたようです。
ローズマリーの香りもさわやかな、夏のアレンジです。

b0241873_1821841.jpg

そして、夏のお花、ジニア。今年は香るシルバーリーフ、パルファム・デュ・エチオピアと合わせてみました。こちらは7月のすがた。
b0241873_188165.jpg

8月の終わりの今は、こんな具合に…エチオピア、あばれております。
ジニアにはそろそろ栄養をあげたいところですが、伸び放題のエチオピアさん、はたして整えていってあげられるのか?…お勉強のせまられる秋です。

夏のお花もうひとつ、こちらは7月の千日紅。ぽんぽんと、あざやかな色味をそえてくれます。
b0241873_1826915.jpg

2年目の花オレガノ、脇芽もふえ、今年も花をつけてくれました。
b0241873_1830783.jpg


そして、梅雨のあたりからだったでしょうか。もりもりのワイヤープランツに、変化が…
b0241873_18385236.jpg

完全にぼけてしまい恐縮ですが、ぷりんと半透明の、ちいさな実がついており。ライチのような、水をたたえたぷりぷり感…思わず調べてみると、実際ライチのような味(!)がするそうです。
b0241873_18401371.jpg

味見をためす?勇気もなく、きみにも実がつくんだねぇと、水遣りのたびにほほえましく。
そういえば5月ごろだったか、淡い色の小さな花が咲いていたのでした。
ひとつのポットからどんどん増えて、今では庭のあちこちを彩ってくれる、ワイヤープランツ。これからも、のびのびと育ってくれたら嬉しいです。

春からずっと咲き続けてくれている、ベゴニア・タブレット。おとなりは、つやつやの新芽の初雪カズラ。夏の朝陽に、淡いピンクがやさしく映えていました。
どちらも半日蔭にも向く植物で、この場所がお気に入りのご様子、すくすくと育ってくれます。
b0241873_21384280.jpg

ここは日中には陽がかげり始めますが、風の通り道にもなっていて、さわやかな居心地のよさがあるようで。
猫がのんびりお昼寝をしていたり、蝶や鳥が風に乗ってきもち良く通り抜けていく様を、よく見かけます。

7月の中ごろ、この風の通り道に、細いからだに玉虫色の光をおび、黒い羽根で蝶のように舞う、トンボのような?虫がやってくるように。なんともゆったりと、どこか不思議なすがたが気になって、調べてみると。
ハグロトンボとゆう名の、蜻蛉でありました。

こんなふうに、ひらひらと。お盆の時期にみられることや、夕闇を舞う幽玄なさまから、別名・神様トンボ、ともよばれるそうで。ゆるりと羽根を休めるすがたをずっと見つめていられるような、うつくしい蜻蛉でした。
来年もまた、訪れてくれるのを楽しみに。

そして、梅雨前あたりからやってきていた鳥は、庭の木に巣作りをはじめており。
b0241873_0283438.jpg

せっせと子育てにはげむ間はあまり観察するのもかわいそうなので、なるべくそっとしておいてあげました。いつの頃からかすがたを見かけなくなりましたが、かわいらしい巣は、そのままにしてあります。

と、この夏さまざまに楽しませてくれた、風の通り道の訪問者たちでした。

夏の終わりを告げるとも言われる、ヤブランの花も見ごろを過ぎて。
b0241873_055112.jpg

次の季節をむかえる心じたくも整えつつ。お庭での、あれこれでした。
[PR]
by windeeblog | 2013-08-31 10:08 | お庭のこと

フレンチリネン・TWISTハット

ブックカバーに引きつづき、windee新作のご紹介です。

友人からのオーダーで、夏の帽子を制作しました。
b0241873_20103783.jpg

型紙はWhistle@さんの、TWISTパターンを使用しました。
はじめての帽子作りでしたが、自分用の第一作もスムーズに制作でき、友人の希望に沿ったデザインでもあり。とても良いパターンで、有り難い出会いでした。

夏用とゆうことで、さらりと乾きやすく風も通るように、フレンチリネンのシャンブレー生地を選びました。
くしゅっとフレキシブルなゆるみがあり、友人のまとめた長い髪も、収めやすいデザインです。
b0241873_20351464.jpg

私はショートヘアですが、やわらかい生地なので、かぶった時にトップを手でくしゅっと抑えればかたちになってくれる、スグレモノです。
b0241873_20415186.jpg

トップは、ひねりのきいたデザイン。
b0241873_20525570.jpg

ひさしは長くはありませんが、深めのかぶりなため、耳も隠れ、夏の強い陽射しもよけることが出来ます。
b0241873_2121349.jpg

サイズ調節のためのリボンには、スウェーデン・ダラナ地方の伝統織のリボンを合わせました。
うらおもてなく綺麗に織られており、しっかりとしたテキスタイルです。
友人の希望で後ろのタックは長めにとり、うなじもカバーしてくれます。
b0241873_21124100.jpg

内側の見返しは、ラベンダーのリネンシャンブレーを。タックをところどころ留めるコーラルピンクのステッチが、アクセントになっています。

梅雨の晴れ間の仕上がりの日。盛りをすぎた庭のあじさいたちの中、遅咲きの花がひとつだけきれいに色づいてくれ、撮影に彩りをそえてくれました。

渡しに行った友人も、わくわくとよろこんで気に入ってくれ、なによりです。
帽子制作の機会をくれた友人に、感謝です。

オーダーをいただき、有難うございました☆

こちらのハットは、minneでギャラリー公開しています。
よろしければ、訪れてみてくださいね。
b0241873_124311.jpg

[PR]
by windeeblog | 2013-06-29 10:21 | 帽子

ツユノハシリの花たち

梅雨入りの声もちらほらと…そよぐ風も気持ちしっとりの、このごろです。

今年も、ベゴニアのきれいな季節がやってきました。

b0241873_18205420.jpg

3年目にはいった、ベゴニアタブレット。
挿し木で株分けした子も、みごとに咲いてくれました。
b0241873_18215513.jpg

こちらは、親株。葉はすこし小さめですが、まだまだ元気です。
b0241873_182496.jpg

これから秋まで、長い間楽しませてくれるタブレットの花たち。
b0241873_18292021.jpg

気持ちよく咲きつづけてくれるように、日々見守っていきたいです。

b0241873_1832303.jpg

もりもりに育ったカトレアクローバーも、満開に。
b0241873_18334295.jpg

花茎はにょきにょきと伸び、切り花にしても可愛いです。小さいころ母と花かんむりを編んだ光景を、ふと思い出してみたり。

すくすくと成長したパルファム・ドュ・エチオピアにも、花が咲きました。
b0241873_20374616.jpg

つぼみの時期のアップルグリーンとシルバーリーフのカラーリングも素敵でしたが、みるみる黄色く色づいていき。寄せ植えたよく咲くスミレのクリームイエローとの相性もよく、この季節らしい、さわやかなすがたに。
b0241873_20453487.jpg

風になびくほどそびえ立つエチオピア…花がおわる頃、切り戻しでしょうか?そしてまだまだ元気な、よく咲くスミレ。もう少し、楽しませてくれそうですね。

連休前に切り戻したビオラは、なんとか返り咲いてくれました。
b0241873_2054178.jpg

液肥が足りなかったかな?といったご様子…
b0241873_2057436.jpg

寄せ植えのこちらも、かろうじて、とゆう具合…どちらも頑張って咲いてくれ、うれしいかぎりです。

ぽつぽつと花をつけたあじさいも、ゆっくり色づきはじめ。
b0241873_2155450.jpg

しっとりと木々の緑も深まる、これからの季節。
雨のめぐみに感謝して、日々のうつろいを楽しんでいきたいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-05-29 10:12 | お庭のこと

母の日までの、一週間

時のたつのはあっという間で、今年も、母の日がやってきました。
b0241873_591429.jpg

今回はパウダリーな色調で、ふんわりと。
ラインがアクセントのカーネーションと八重のローズをメインに、ピンクのアンスリウムにライラックでバランスを。
やさしい印象のブーケに母も喜んでくれ、何よりです。

先週は何かと写真に残しており、つらつらと…

b0241873_5115780.jpg

某日。パンケーキな気分がつづき。今回は、バナナを混ぜ込んで焼いてみました。
そして何より、レシピにはありましたが前回は入れなかった、ベーキングソーダを入れてみたところ。よりふわとろな仕上がりに♡
バナナの重みにもまけずふんわりとろける食感に、タワーもペロリで困ってしまうこちらのレシピです。

b0241873_5144914.jpg

某日。庭のカトレアクローバー、花芽もたくさんあがり、開花まであとすこし。
もりもりながらもお手入れを…すると、
b0241873_5151333.jpg

四つ葉ちゃん発見。お庭で見つけたのは初めてだったので、とても嬉しくなったひとときでした。

週末は、鎌倉までバラを観に。
b0241873_4215959.jpg

鎌倉文学館、初めて訪れましたが、建築や装飾も興味深く、素敵な空間でした。
b0241873_4295429.jpg

庭園の芍薬も見ごろです。
b0241873_4305879.jpg

文学館のバラ園の小道。
b0241873_4315810.jpg

色とりどりのバラたち。
b0241873_4332688.jpg

b0241873_4343778.jpg

b0241873_4345758.jpg

お気に入りのバラの名前を撮っておくことに、終盤になって気づき…
あでやかな”カトリーヌ・ドヌーヴ”。
b0241873_4385579.jpg

シルキーな淡いピンクの、”ロイヤルハイネス”。
b0241873_4402553.jpg

b0241873_4404643.jpg

イエローからピンクのハッピーカラーのグラデーション、”ピース”。
b0241873_4443843.jpg

などなど。お天気にも恵まれ、この季節満喫の、小旅行でした。
b0241873_450795.jpg


そして昨日は、皆で祖母のお見舞いに行くこともでき、家族だんらんの一日でした。
b0241873_561252.jpg

おだやかな母の日に、感謝です。
[PR]
by windeeblog | 2013-05-13 10:23 | 日々のこと

すずらんの日

はやいもので、昨日からもう5月です。
風薫る五月とのことばどおり、お花や新緑の香りがどこからともなく、風にのってふんわりと。清々しい、良い季節ですね。
我が家の庭でも、満開のすずらんが清らかな甘い香りで楽しませてくれています。
b0241873_1719188.jpg

昨日5月1日は、フランスでは "fête du muguet" 、すずらんの日、ともいわれるそう。
「幸せの再来」との花言葉にちなんで、親しい人やお世話になっている方に、すずらんの花を贈る習慣があるそうです。贈られた人には幸運が訪れる、とのこと。
b0241873_1731252.jpg

pinterestにも、こんな可愛らしいイラストが。すずらんの精、でしょうか?)

ご近所のお花屋さんでも、たわわな切り花とともに、すずらんの日が紹介されていました。
そんな気分で先日、お庭のすずらんをすこし摘んで、アレンジに。
b0241873_17463659.jpg

新緑の季節でもりもりのアイビーとローズマリーも、すこしカットして合わせてみました。
ローズマリーのさわやかな香りと、すずらんのすっきりとした甘い香りが相まって、玄関がほんのり良い香りに…。

また同じこの時期に西ヨーロッパでは、 "Arbre de Mai" とゆう、この季節の象徴である、「生殖」と「発葉期」を祝うお祭りが行われていたそうで。
花やリボンで飾られたMay poleのまわりで人々は歌い踊り、春のめぐみを祝っていたとのこと。現在も一部の国では、このお祭りの風習がのこっているそうです。
b0241873_184436.jpg

pinterestより、May poleのフォト。なんとも愛らしいお祭りの風景。)

中世ヨーロッパでは5月は婚約の月でもあり、すずらんや西洋さんざしをドアに掛けたりすることが、愛情を示すしるしともされていたとのこと。
b0241873_18284050.jpg

(こちらもpinterestより。このリースには、そんなロマンティックな意味が込められていたのですね。)

このようにふとしたフォトへの興味から、すずらんの日の文化的背景を知ることもでき。さまざまな方向からインスピレーションをもたらしてくれる、pinterest
去年の夏からはじめて、こつこつと続けてきましたが…先日、フォローしてくださる方の数が100をこえ、ひっそりと、時にはディープに?楽しんできた身としては、とても嬉しいできごとでした。
フォロワーの方々には、クリエイティブな活動をされているらしい海外の方も多く。言葉や肩書きをこえて、さまざまな文化をもつ方々とセンスを分かち合えるこの場は、とても貴重で有り難く、日々の暮らしにゆたかな彩りを添えてくれるものとなっています。
これからも、こつこつと楽しんでいきたいです。

そして、すずらんの日のランチは、久しぶりにパンケーキを焼きました。
b0241873_142133.jpg

もっちりふわふわの、家族もよろこぶこちらのレシピ。いつもお世話になっています。
ヨーグルトと溶かしバターの濃厚な風味に、塩分も少しきいているので、ソーセージや野菜なども良く合います。
今回は、バナナとメープルシロップをそえて。
b0241873_1484093.jpg

バターの焼き色とふんわり感、じゅわっという焼き音もたまりません。
パンケーキを一枚ずつ焼いていくと、はじめに焼いたものが冷めてしまうことも…
その場合、焼きあがったものから、乾いた布巾でぱたぱたとくるみながら重ねていってあげると、熱も逃げず、しっとりと美味しくいただけました♡

すずらんの甘い香りにふわふわの甘いパンケーキ、pinterestからのインスピレーション。
五感と、そして六感のみたされる、5月のはじまりでした。

b0241873_3105780.jpg

[PR]
by windeeblog | 2013-05-02 10:21 | お庭のこと

その後のオステオスペルマム。

昨秋のハプニングから、奇跡の生還?の、オステオスペルマム。
咲き始めから、ひと月が経ち…
b0241873_32447.jpg

みごとに咲きそろってくれました。挿し穂の株も、元気に成長してくれています。堂々のすがたに、感慨もひとしおです。
今年はムシくんのターゲットにならないように、対策を心がけなければ…

春の訪れの早かった今年は、お花たちの成長も著しく。
b0241873_3272637.jpg

宿根ネメシアと寄せ植えたビオラたちも、たっぷり盛りを楽しませてくれました。
b0241873_3325837.jpg

すっかり背ののびたビオラたち。昨年より3週間ほど早く、切り戻してみました。
b0241873_3395974.jpg

手前すっきりの現在の様子。思い切りが良すぎたのか?カットから2週間たちますが、未だ変化が見られず、すこし心配…
ネメシアとリーフたちのもりもりっぷりに、助けられています。
コロニラちゃんにも、黄色のお花が咲きました。
b0241873_3512199.jpg

カレックスに埋もれ気味ですが、マメ科の花のような、ぽつぽつと可愛らしいお花です。
ビオラが返り咲いてくれて、一緒に咲くすがたが見られたらうれしいなぁ、と、夢想しつつ。
どうなりますか…?たのしみに、見守っていきます。
b0241873_415083.jpg

単植のビオラも、すっきりカット。こちらは、すこし新芽がのびてきたような?
b0241873_45552.jpg

こんな風にもういちど、まあるく咲いてくれたら嬉しいです。

b0241873_4245221.jpg

よく咲くスミレの寄せ植えは、葉ボタンを抜いたあと、それぞれがまた一段と、のびのびと。
b0241873_4293120.jpg

真珠の木のお花も、たくさん咲いてくれました。これからだんだんと実になっていってくれるのが、楽しみです。

冬のあいだはお休みだったグリーンたち。めきめきと新芽が成長中です。
b0241873_4394695.jpg

あざやかなフレッシュグリーンの花オレガノ。はじめての冬越しにどきどきでしたが、とっても元気です。
b0241873_4422743.jpg

ぷりぷりの日高ミセバヤ。このちいさなすがたも、たまらなく好きです。

地植えのお花たちも、咲き始めました。
b0241873_4464435.jpg

母の友人のお庭から分けていただいた、すずらん。たわわについたつぼみたち。
咲きそろってくれるまでを日々見守るのも、たのしみです。
b0241873_4521313.jpg

伯母のお庭からやってきたクリスマスローズも、はじめてのお花がつきました。
こうしてゆっくりと株が育っていってくれるのも、地植えのよろこびですね。

お部屋の中で春を待っていた、ベゴニア・タブレット姫。早くもお花がつきはじめました。
b0241873_533595.jpg

外に出してあげてからつよい風の日が続き、気にかけていましたが。
お日さまのおかげで葉色も濃く、おおきな風に吹かれるたびに幹も葉つきもしっかりと、力づよく元気なすがたになってきています。
こうしてあらためて植物から気づかせてもらうこと、たくさんありますね。

b0241873_5145466.jpg

今はまだライムグリーンの、ちいさなあじさいの花芽。今年はたくさん咲いてくれそうです。

かけ足ですすんでいくような感覚のある、今年の季節の移りかわり。
植物たちのいとなみをていねいに感じとりながら。日々淡々と、見守っていけたら嬉しいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-04-19 10:23 | お庭のこと

ふるふわいちごヨーグルト・レシピ

先日の記事の、いちごミルク寒天
いちごの美味しいうちにもう一度、とゆうことで。
b0241873_58072.jpg

前回の反省からヨーグルトの配合を工夫して、目指していたとおりの、ふるふわな仕上がりに♡
そして、ヨーグルトのphのおかげか?いちごのピンクも、よりクリアに発色してくれました。
b0241873_5323449.jpg

あこがれの、ふるふわ感…

覚書きとして、レシピを記しておきます。

1.いちご1パック分をフォークでつぶし、グラニュー糖適宜を入れ混ぜ、お好みの甘さに。約200gになります。
2.ヨーグルト800gをボールに入れ、グラニュー糖適宜を入れ混ぜ、お好みの甘さに。
3.1と2を泡だて器でよく混ぜておく。
4.流し入れたい容器を準備しておく。
5.寒天液をつくる。
鍋に牛乳200cc、グラニュー糖適宜、粉寒天4gを入れ、よく混ぜてから、弱めの中火にかける。
へらなどでよく混ぜながら、沸騰後も2分間火にかける。(火加減注意しながら。) 
6.鍋を火からおろし、すぐに3のボールに寒天液を一気に入れ、泡だて器で空気を入れるようによく混ぜる。
7.容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やす。

と、とても簡単にでき、寒天なので、すぐに固まってくれるのも嬉しいところです。
☆ただ、すこし冷めるとすぐに固まってきてしまうので、6から7の作業は、手早く一気に進めます。

今回は甘党の祖母に合わせてグラニュー糖を各工程使用しましたが、甘みはお好みで。
フルーツはたとえばいちご以外でも、バリエーションではちみつとレモンなどでも、さわやかにできそうだなぁと…

☆ふるふわのコツは、ヨーグルトと寒天の割合です。
(ヨーグルト+入れたいフルーツ液+寒天をとかす液)1200cc : 粉寒天4g となり、
1200ccの内わけは、
(ヨーグルト)800gから900g、(入れたいフルーツ液+寒天をとかす液)400ccから300cc となります。
入れたいフルーツによって、ヨーグルトを900gにして寒天液は牛乳でなく水にしてみたりなど、フレキシブルに応用できそうです。
今回はたくさん作ったのでこの分量ですが、もちろん半量などでも。


こちらのふるふわいちごちゃんをおみやげに、昨日は祖母の家までお花見がてら…

ひなまつりには梅の咲いていた公園も、もう桜が咲きはじめ。
b0241873_6491413.jpg

三分咲き、といったところでしょうか。
b0241873_6503157.jpg

大株のまさに見ごろな雪柳。
b0241873_6513449.jpg

あざやかなレンギョウ。
b0241873_6552665.jpg

ペールトーンが素敵な、木蓮と山桜。

先日伯母のお手伝いで作った、祖母宅の寄せ植えの成長も、気になっていたところ。
b0241873_781735.jpg

伯母のチョイスの春らしいカラーの苗たち。
b0241873_782863.jpg

いつも渋好み?になってしまう自宅の庭ではなかなか出会えない配色がとても新鮮で、たのしい作業の時間でした。
元気に可愛らしい姿に、鮮やかなカラーの寄せ植え、自宅にもつくってみたいなぁと思ってみたり。

今回は母と伯母たちの3姉妹が集合で、祖母も嬉しそうな笑顔、何よりです。
ふるふわちゃんも喜んでもらえ、わいわいと楽しく、なごやかなひとときが過ごせました。

帰り道にも、お花たちが。
b0241873_7391427.jpg

みごとなコブシの大木。
b0241873_742831.jpg

すっくとした立ちすがたの、桃の花。


うつくしいお花たち満喫の、穏やかな春分の日に、感謝です。
[PR]
by windeeblog | 2013-03-21 10:23 | 日々のこと