ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フリルフラップトート・ナチュラルベージュ

4作目となった、フリルフラップトート。
今回は、姉へのプレゼント、とゆうことで。
b0241873_0273697.jpg

20色以上あるカラーサンプルの中から、お好みの1色を選んでもらいました。
いつもお世話になっている、ファブリックショップのリデさん。こちらの、バイオウォッシュとゆうシリーズの帆布を愛用しています。
購入の際、きれいにカットされたサンプルが思いがけず同包されており、うれしい心遣い、ありがたいです。

カーキがかったこっくりとしたベージュの、ナットベージュのお色に合わせて。フラップポケットも、ナチュラルな雰囲気に。
b0241873_0433472.jpg

フラップはお花がランダムに配されたお気に入りののファブリック、すそのメッシュで抜け感を。
b0241873_138665.jpg

サンセットカラーのポケットには、生成りのオーガニックコットンのパイピング。
b0241873_1443544.jpg

内ポケットのパイピングも、よーく見るとお花柄。中布のベージュグラデに、カラーリングのアクセントを。
b0241873_1541548.jpg

マチもたっぷり10cm。なにかと多めな姉の日々の荷物も、すっきりと収まります。

今回は南の島への旅行のお供に、と制作をはじめましたが…なんとか間に合って、ほっと一息です。

くったりとしなやかに馴染むバッグで、こころやわらぐバカンスを…☆

b0241873_2314245.jpg

[PR]
by windeeblog | 2012-09-25 10:17 | バッグ

sweet photo な スイートポテト

お菓子づくりめいている、このごろ。
先日はお芋をたくさんいただいたので、スイートポテトに。
b0241873_1732258.jpg

写真を加工・共有できるサイト、sweet photo。はじめてみました、画像はこんな具合に☆

我が家にはココットで、祖母へのおみやげには、コロンとひとくちサイズのカップで焼きました。
レシピは先日に続き、クックパッドさんから。
まさにしっとり濃厚、祖母好みの、しっかりとした味わい。
食べすぎ注意!の美味しさです。

同じ日、父のお誕生日のお祝いにと、ポテトと並行してちらし寿司も作成…
b0241873_18102578.jpg

こちらは、亡くなった祖母から伝わる、我が家の味。
父の好物、おいしくできました。
被写体に反して?popart加工できれいなお色味が出せたりと。
何かとたのしみなsweet photo。windeeアカウントで、ギャラリー公開しています。

そして、お日さまの輝く暑い日、スイートポテトとお寿司を少しおみやげに。祖母がショートステイでお世話になっている施設へ、お見舞いに行きました。
ささやかなおみやげに祖母も喜んでくれ。一緒に味わうことができて、何よりです。
静かな高台にある施設。竹林のそよぐ、とてもおだやかな環境でした。
b0241873_2337467.jpg

ぬけるような青空がうつくしく…
すこし空も高くなって、きらめく陽射しにも、秋の気配ですね。

家路の駅のホームでは、素敵なハプニングが。

ベンチにひとやすみ腰かけていると。あのー、と、10歳くらいの?制服の女の子が。
☆☆駅に行くには、どの電車ですか?と。
時刻表をみてあげ、二つ目の駅だから、つぎの電車にのって☆分でつくよ、と私。
あなたもこの電車にのるの?と、すこし不安そうな女の子。
わたしはこの駅がお家だから乗らないんだ、でも乗ったらすぐ二つ目だから、だいじょうぶ、と私。

すると。ねぇ、このバッグかわいいね♡と、女の子が。
ほんと?ありがとう!私作ったんだよ。と、持っていたカードケースもとりだして、これも作ったの。と。
女の子「えー!すごい、こんなのつくれるの?すごい、わたしムリ!」
私「そんなことないよ、好きならできるよ、一生懸命やればできるよ☆」
女の子「どうやってつくったの?お店やってるの?」
…などなど、電車がくるまで、ひとしきり楽しくおしゃべり。

電車が近づくと、またね♪と、わたし。
「また会えたら嬉しいけど…でも、明日もこの時間にここにいるから、いつかまた会えるかな。」
と、すこし寂しそうな笑顔の女の子。
かるくまたね、と言ってしまったこと、傷つけてしまったかな…
お別れはおしとやかなハイタッチ。離れていく車窓から、見えなくなるまでお互いに、笑顔で手をふりあったのでした。

日に焼けた、妖精のような透明感を湛えた、うつくしい女の子。
windeeの作品をみつめる瞳は、きらきらと輝いていました。
とても嬉しく、sweetな、夢の中だったような?
すこし不思議な、やさしいひとときでした。
b0241873_0424690.jpg

おだやかな日々と、ちいさな奇跡に、感謝です。
[PR]
by windeeblog | 2012-09-11 10:17 | 日々のこと

レーズンバナナ・パウンドケーキ

伯母からいただいた、有機のレーズン。
おいしさを生かして、なにかお返しを…と、久しぶりにパウンドケーキを焼きました。
b0241873_15542776.jpg

これまで色々なレシピで作ってきましたが、ここまでふっくらとした高さに仕上がったのは、今回が初めてです☆

なにかとお世話になっているクックパッドから、こちらのレシピ
わかりやすく細やかにコツを教えていただける、丁寧なレシピです。
基本のパウンドの作り方もリンクされていて、とても勉強になりました。

こちらはあつあつの焼き上がりの様子。
b0241873_12282477.jpg

完成が夜もふけた頃だったので、真夜中の撮影となり、すこしムーディーに?
b0241873_12291223.jpg

これまでにない高さと割れ具合に、われながら感動…
今回はオリジナルで、白砂糖と素焚糖(さとうきびの、茶色いお砂糖)をミックスしたので、すこし色づいていますね。

レシピではレーズンをラムに浸しますが、今回はお好みでコアントローを。7センチ程のミニボトルは、使いきりでちょうど良いサイズです。
b0241873_12325345.jpg

レーズンをとりだした後も、ビターなオレンジの香りに甘酸っぱいレーズンの風味が加わり、おいしいリキュールに。
ちびりとそのままナイトキャップにも、紅茶やコーヒーのフレーバーにも良いですね。

熱の冷めきらないうちにラップにくるみ、一晩ねかせると。
よりしっとりと、食べごろに。
b0241873_12333497.jpg

カット面も、つややかに。
バナナの甘みも心地よい、ふんわりしっとり、みっしりとした、やさしく美味しいケーキ。
こちらのレシピとの出会いに、感謝です。

伯母と祖母のお宅におすそわけ。シェル柄のペーパーのラッピングで、すこしおめかしです。
b0241873_12375871.jpg

ささやかなしあわせを運んでくれる、手作りのお菓子。
焼きあがるまでのお部屋に満ちていく甘く香ばしいかおりも久々に感じられ、しあわせなひとときでした。
これからも機会をみつけて、つくっていきたいです。

そして、真夜中のフォトにも登場した、ガラスのプレート。
従妹の結婚式の引き出物としてカタログオーダーでいただいた、お気に入りのものです。
b0241873_12383112.jpg

こちらは、kostabodaとゆうスウェーデンのブランドの、ullaとゆうシリーズ。矢車草、レンゲ草、デイジー、ブルーベル、キンポウゲ、ティモテなど7種類の草花に、ちょうちょがふわりと。
スウェーデンの言い伝えでは、夏至祭の夜に、この7種類の草花で花束を作り枕の下に置いて眠ると、夢の中で未来の花婿、花嫁に会えるそうです。なんともうつくしく、ドリーミーなお話…

先日からはじめたpinterestにも、北欧のイメージのフォトを集めたボードをつくっています。
b0241873_12461892.jpg

http://pinterest.com/windeewindee/nordic/
その中にもある可愛らしいお花の冠も、この言い伝えにまつわるものとのこと。
冬の間は日照時間の少ない北欧では、夏至の日のながい陽射しは特別で、神聖なものなのですね。

pinterestでは北欧のボードのほかに、焼き物やガラスなどの、造形のボードもつくっていますが。
何気なくそちらにpinしていた、きれいな色とフォルムの花瓶も、気づけばkostabodaのものでした。
b0241873_12475695.jpg

http://pinterest.com/windeewindee/formes
調べてみると、ullaシリーズと同じデザイナーの作品であることが分かり…

その名のとおり、小さなひとつの興味から、好きなものがつながり、広がっていくよろこびが楽しめるpinterest。居心地のよい場所のひとつです。
b0241873_12561981.jpg

http://pinterest.com/windeewindee/
アカウントお持ちの方もしいらっしゃれば、お気に召しましたら。
どうぞフォローくださいね。
[PR]
by windeeblog | 2012-09-01 13:02 | 日々のこと