ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

カテゴリ:お庭のこと( 17 )

in bloom

早いもので、今日からもう12月。日中の陽だまりがありがたい季節です。
b0241873_1735030.jpg

ここのところのやわらかい陽射しをうけて。パンジーの花芽たち、ほころび始めました。
単植のこちらは、イエローに、ココアのような優しいアンティークカラー。
b0241873_17105493.jpg

寄せ植えのこちらは、クリームイエローにペールピンクの淡いグラデーション。
どちらも”わらく”とゆうシリーズで、立体的な花びらや色味も好みで、うれしい出会いでした。寒さに強く、冬も良く咲いてくれるそうです。

日当たりの弱かったもうひとつの寄せ植えは、同じ日に植えたものでも花芽がまだ上がらず、あわてて日向に移してあげましたが…陽射しをあびるすがたを、おろおろと見守っているところです。
そんな植物の素直さにふれるのも、園芸の魅力のひとつですね。

b0241873_17342797.jpg

そして先月は、母の誕生日があり。今年のお花は、シルバーピンクなイメージで。
b0241873_17421753.jpg

ご近所に新しくできたお花屋さんは、実ものやグリーンも豊富な好みの品ぞろえで、嬉しいかぎりです。
b0241873_1744883.jpg

それぞれ活きもよく、この時から半月以上たった今も、玄関を彩ってくれています。

寒さをほっと和らげてくれるような、冬のお花たち。
心地よく咲いてもらえるよう、お手入れを楽しんでいきたいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-12-01 10:17 | お庭のこと

冬じたくの庭

ここのところは空も澄みわたり、日中のやわらかい陽ざしがありがたいですね。
とは言え、空気はきりり、と冬の気配です。

この季節といえば、とゆうことで。
b0241873_17595452.jpg

あずきをゆっくりコトコトと、おしるこに。
祖母の好物でもあったおしるこ。小さい頃から冬になるとよく作ってくれ、アクとりをお手伝いしたりしたものです。
ひとりで作ってみると、休む間もなく浮かんでくるアクと向き合いながら、あのお手伝いもすこしは助けになっていたのかもなぁ、としみじみ思ったりで。
冬のあいだに、また作りたいおやつです。

先週の寒さがます前に、庭も冬のお手入れを。すべりこみで間に合いました。
b0241873_21245665.jpg

今年もたくさん咲いて楽しませてくれた、ベゴニア・タブレット。土を入れ替えてあげ、お部屋の中で春を待ちます。
b0241873_1828398.jpg

葉ボタンとパンジー、ガーデンシクラメンを寄せ植えに。
パンジーは、ビオラとパンジーの良いところをあわせ持つとゆう、”わらく”のシリーズ。ポットのままで何日か経ってしまい、ひと花咲き終わっており。次のつぼみの上がってくるのを、待っているところです。
b0241873_18383831.jpg

フリルの葉ボタンとパンジー、パルファム・ドュ・エチオピアと初雪かずらをあわせて。
b0241873_18503181.jpg

こちらには、おどり葉ボタンとフリル葉ボタンの、2種類を。ホワイトのガーデンシクラメンは、かすかにフリル気味?の、フラメンコダンサーとゆうシリーズ。とりわけ寒さに強いそうで、春まで元気に咲いてくれますでしょうか。
合わせたアイビーは、切りとって水に挿して飾っていると発根してくれる枝があり、それらを土に植え戻してあげたもの。
ワイヤープランツも、ひとつのポットからぐんぐん増えて、いろいろと活躍してくれています。
b0241873_2144114.jpg

ガーデンシクラメンも、上手なお手入れが出来れば夏越しできるそうで…

長い冬の庭しごと、植物たちをのびのびと生かしてあげられるように、こころを配っていきたいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-11-21 10:17 | お庭のこと

夏の庭、あれこれ。

今日で8月も終わり。虫たちのかなでる音色も、秋の気配ですね。

過ぎゆく夏を惜しみつつ。ぽつぽつと撮りためた、夏のお庭の植物たちです。

b0241873_1634523.jpg

暑い中健気に咲いてくれたお花たちは、切り花にしてもいたみやすく、気が引けてしまいます。ぐんぐんと伸び盛りのグリーンたちであれば、見た目も涼やかに、長く楽しませてくれます。

ふわふわのアジアンタムは、庭のかたすみに、こんもりと自生で育ってくれました。置いた鉢から胞子がとんだのでしょうか、半日蔭のあの場所の居心地、気に入ってくれたようです。
ローズマリーの香りもさわやかな、夏のアレンジです。

b0241873_1821841.jpg

そして、夏のお花、ジニア。今年は香るシルバーリーフ、パルファム・デュ・エチオピアと合わせてみました。こちらは7月のすがた。
b0241873_188165.jpg

8月の終わりの今は、こんな具合に…エチオピア、あばれております。
ジニアにはそろそろ栄養をあげたいところですが、伸び放題のエチオピアさん、はたして整えていってあげられるのか?…お勉強のせまられる秋です。

夏のお花もうひとつ、こちらは7月の千日紅。ぽんぽんと、あざやかな色味をそえてくれます。
b0241873_1826915.jpg

2年目の花オレガノ、脇芽もふえ、今年も花をつけてくれました。
b0241873_1830783.jpg


そして、梅雨のあたりからだったでしょうか。もりもりのワイヤープランツに、変化が…
b0241873_18385236.jpg

完全にぼけてしまい恐縮ですが、ぷりんと半透明の、ちいさな実がついており。ライチのような、水をたたえたぷりぷり感…思わず調べてみると、実際ライチのような味(!)がするそうです。
b0241873_18401371.jpg

味見をためす?勇気もなく、きみにも実がつくんだねぇと、水遣りのたびにほほえましく。
そういえば5月ごろだったか、淡い色の小さな花が咲いていたのでした。
ひとつのポットからどんどん増えて、今では庭のあちこちを彩ってくれる、ワイヤープランツ。これからも、のびのびと育ってくれたら嬉しいです。

春からずっと咲き続けてくれている、ベゴニア・タブレット。おとなりは、つやつやの新芽の初雪カズラ。夏の朝陽に、淡いピンクがやさしく映えていました。
どちらも半日蔭にも向く植物で、この場所がお気に入りのご様子、すくすくと育ってくれます。
b0241873_21384280.jpg

ここは日中には陽がかげり始めますが、風の通り道にもなっていて、さわやかな居心地のよさがあるようで。
猫がのんびりお昼寝をしていたり、蝶や鳥が風に乗ってきもち良く通り抜けていく様を、よく見かけます。

7月の中ごろ、この風の通り道に、細いからだに玉虫色の光をおび、黒い羽根で蝶のように舞う、トンボのような?虫がやってくるように。なんともゆったりと、どこか不思議なすがたが気になって、調べてみると。
ハグロトンボとゆう名の、蜻蛉でありました。

こんなふうに、ひらひらと。お盆の時期にみられることや、夕闇を舞う幽玄なさまから、別名・神様トンボ、ともよばれるそうで。ゆるりと羽根を休めるすがたをずっと見つめていられるような、うつくしい蜻蛉でした。
来年もまた、訪れてくれるのを楽しみに。

そして、梅雨前あたりからやってきていた鳥は、庭の木に巣作りをはじめており。
b0241873_0283438.jpg

せっせと子育てにはげむ間はあまり観察するのもかわいそうなので、なるべくそっとしておいてあげました。いつの頃からかすがたを見かけなくなりましたが、かわいらしい巣は、そのままにしてあります。

と、この夏さまざまに楽しませてくれた、風の通り道の訪問者たちでした。

夏の終わりを告げるとも言われる、ヤブランの花も見ごろを過ぎて。
b0241873_055112.jpg

次の季節をむかえる心じたくも整えつつ。お庭での、あれこれでした。
[PR]
by windeeblog | 2013-08-31 10:08 | お庭のこと

ツユノハシリの花たち

梅雨入りの声もちらほらと…そよぐ風も気持ちしっとりの、このごろです。

今年も、ベゴニアのきれいな季節がやってきました。

b0241873_18205420.jpg

3年目にはいった、ベゴニアタブレット。
挿し木で株分けした子も、みごとに咲いてくれました。
b0241873_18215513.jpg

こちらは、親株。葉はすこし小さめですが、まだまだ元気です。
b0241873_182496.jpg

これから秋まで、長い間楽しませてくれるタブレットの花たち。
b0241873_18292021.jpg

気持ちよく咲きつづけてくれるように、日々見守っていきたいです。

b0241873_1832303.jpg

もりもりに育ったカトレアクローバーも、満開に。
b0241873_18334295.jpg

花茎はにょきにょきと伸び、切り花にしても可愛いです。小さいころ母と花かんむりを編んだ光景を、ふと思い出してみたり。

すくすくと成長したパルファム・ドュ・エチオピアにも、花が咲きました。
b0241873_20374616.jpg

つぼみの時期のアップルグリーンとシルバーリーフのカラーリングも素敵でしたが、みるみる黄色く色づいていき。寄せ植えたよく咲くスミレのクリームイエローとの相性もよく、この季節らしい、さわやかなすがたに。
b0241873_20453487.jpg

風になびくほどそびえ立つエチオピア…花がおわる頃、切り戻しでしょうか?そしてまだまだ元気な、よく咲くスミレ。もう少し、楽しませてくれそうですね。

連休前に切り戻したビオラは、なんとか返り咲いてくれました。
b0241873_2054178.jpg

液肥が足りなかったかな?といったご様子…
b0241873_2057436.jpg

寄せ植えのこちらも、かろうじて、とゆう具合…どちらも頑張って咲いてくれ、うれしいかぎりです。

ぽつぽつと花をつけたあじさいも、ゆっくり色づきはじめ。
b0241873_2155450.jpg

しっとりと木々の緑も深まる、これからの季節。
雨のめぐみに感謝して、日々のうつろいを楽しんでいきたいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-05-29 10:12 | お庭のこと

すずらんの日

はやいもので、昨日からもう5月です。
風薫る五月とのことばどおり、お花や新緑の香りがどこからともなく、風にのってふんわりと。清々しい、良い季節ですね。
我が家の庭でも、満開のすずらんが清らかな甘い香りで楽しませてくれています。
b0241873_1719188.jpg

昨日5月1日は、フランスでは "fête du muguet" 、すずらんの日、ともいわれるそう。
「幸せの再来」との花言葉にちなんで、親しい人やお世話になっている方に、すずらんの花を贈る習慣があるそうです。贈られた人には幸運が訪れる、とのこと。
b0241873_1731252.jpg

pinterestにも、こんな可愛らしいイラストが。すずらんの精、でしょうか?)

ご近所のお花屋さんでも、たわわな切り花とともに、すずらんの日が紹介されていました。
そんな気分で先日、お庭のすずらんをすこし摘んで、アレンジに。
b0241873_17463659.jpg

新緑の季節でもりもりのアイビーとローズマリーも、すこしカットして合わせてみました。
ローズマリーのさわやかな香りと、すずらんのすっきりとした甘い香りが相まって、玄関がほんのり良い香りに…。

また同じこの時期に西ヨーロッパでは、 "Arbre de Mai" とゆう、この季節の象徴である、「生殖」と「発葉期」を祝うお祭りが行われていたそうで。
花やリボンで飾られたMay poleのまわりで人々は歌い踊り、春のめぐみを祝っていたとのこと。現在も一部の国では、このお祭りの風習がのこっているそうです。
b0241873_184436.jpg

pinterestより、May poleのフォト。なんとも愛らしいお祭りの風景。)

中世ヨーロッパでは5月は婚約の月でもあり、すずらんや西洋さんざしをドアに掛けたりすることが、愛情を示すしるしともされていたとのこと。
b0241873_18284050.jpg

(こちらもpinterestより。このリースには、そんなロマンティックな意味が込められていたのですね。)

このようにふとしたフォトへの興味から、すずらんの日の文化的背景を知ることもでき。さまざまな方向からインスピレーションをもたらしてくれる、pinterest
去年の夏からはじめて、こつこつと続けてきましたが…先日、フォローしてくださる方の数が100をこえ、ひっそりと、時にはディープに?楽しんできた身としては、とても嬉しいできごとでした。
フォロワーの方々には、クリエイティブな活動をされているらしい海外の方も多く。言葉や肩書きをこえて、さまざまな文化をもつ方々とセンスを分かち合えるこの場は、とても貴重で有り難く、日々の暮らしにゆたかな彩りを添えてくれるものとなっています。
これからも、こつこつと楽しんでいきたいです。

そして、すずらんの日のランチは、久しぶりにパンケーキを焼きました。
b0241873_142133.jpg

もっちりふわふわの、家族もよろこぶこちらのレシピ。いつもお世話になっています。
ヨーグルトと溶かしバターの濃厚な風味に、塩分も少しきいているので、ソーセージや野菜なども良く合います。
今回は、バナナとメープルシロップをそえて。
b0241873_1484093.jpg

バターの焼き色とふんわり感、じゅわっという焼き音もたまりません。
パンケーキを一枚ずつ焼いていくと、はじめに焼いたものが冷めてしまうことも…
その場合、焼きあがったものから、乾いた布巾でぱたぱたとくるみながら重ねていってあげると、熱も逃げず、しっとりと美味しくいただけました♡

すずらんの甘い香りにふわふわの甘いパンケーキ、pinterestからのインスピレーション。
五感と、そして六感のみたされる、5月のはじまりでした。

b0241873_3105780.jpg

[PR]
by windeeblog | 2013-05-02 10:21 | お庭のこと

その後のオステオスペルマム。

昨秋のハプニングから、奇跡の生還?の、オステオスペルマム。
咲き始めから、ひと月が経ち…
b0241873_32447.jpg

みごとに咲きそろってくれました。挿し穂の株も、元気に成長してくれています。堂々のすがたに、感慨もひとしおです。
今年はムシくんのターゲットにならないように、対策を心がけなければ…

春の訪れの早かった今年は、お花たちの成長も著しく。
b0241873_3272637.jpg

宿根ネメシアと寄せ植えたビオラたちも、たっぷり盛りを楽しませてくれました。
b0241873_3325837.jpg

すっかり背ののびたビオラたち。昨年より3週間ほど早く、切り戻してみました。
b0241873_3395974.jpg

手前すっきりの現在の様子。思い切りが良すぎたのか?カットから2週間たちますが、未だ変化が見られず、すこし心配…
ネメシアとリーフたちのもりもりっぷりに、助けられています。
コロニラちゃんにも、黄色のお花が咲きました。
b0241873_3512199.jpg

カレックスに埋もれ気味ですが、マメ科の花のような、ぽつぽつと可愛らしいお花です。
ビオラが返り咲いてくれて、一緒に咲くすがたが見られたらうれしいなぁ、と、夢想しつつ。
どうなりますか…?たのしみに、見守っていきます。
b0241873_415083.jpg

単植のビオラも、すっきりカット。こちらは、すこし新芽がのびてきたような?
b0241873_45552.jpg

こんな風にもういちど、まあるく咲いてくれたら嬉しいです。

b0241873_4245221.jpg

よく咲くスミレの寄せ植えは、葉ボタンを抜いたあと、それぞれがまた一段と、のびのびと。
b0241873_4293120.jpg

真珠の木のお花も、たくさん咲いてくれました。これからだんだんと実になっていってくれるのが、楽しみです。

冬のあいだはお休みだったグリーンたち。めきめきと新芽が成長中です。
b0241873_4394695.jpg

あざやかなフレッシュグリーンの花オレガノ。はじめての冬越しにどきどきでしたが、とっても元気です。
b0241873_4422743.jpg

ぷりぷりの日高ミセバヤ。このちいさなすがたも、たまらなく好きです。

地植えのお花たちも、咲き始めました。
b0241873_4464435.jpg

母の友人のお庭から分けていただいた、すずらん。たわわについたつぼみたち。
咲きそろってくれるまでを日々見守るのも、たのしみです。
b0241873_4521313.jpg

伯母のお庭からやってきたクリスマスローズも、はじめてのお花がつきました。
こうしてゆっくりと株が育っていってくれるのも、地植えのよろこびですね。

お部屋の中で春を待っていた、ベゴニア・タブレット姫。早くもお花がつきはじめました。
b0241873_533595.jpg

外に出してあげてからつよい風の日が続き、気にかけていましたが。
お日さまのおかげで葉色も濃く、おおきな風に吹かれるたびに幹も葉つきもしっかりと、力づよく元気なすがたになってきています。
こうしてあらためて植物から気づかせてもらうこと、たくさんありますね。

b0241873_5145466.jpg

今はまだライムグリーンの、ちいさなあじさいの花芽。今年はたくさん咲いてくれそうです。

かけ足ですすんでいくような感覚のある、今年の季節の移りかわり。
植物たちのいとなみをていねいに感じとりながら。日々淡々と、見守っていけたら嬉しいです。
[PR]
by windeeblog | 2013-04-19 10:23 | お庭のこと

春爛漫

うぐいすもちらほらと鳴きはじめ、今年は少しかけ足で春がやってきたような…
まだまだ風は肌寒くもありますが、のびやかな陽射しのあたたかさに、お花たちも輝いています。
b0241873_1431453.jpg

アンティークカラーのビオラに、ビビッドな宿根ネメシアの寄せ植え。小さな苗だったビオラちゃんも、もりっと育ってくれました。リーフのカレックスも評判どおり、もりもりです。
b0241873_1554025.jpg

初めての宿根ネメシアは、植えつけた秋から寒い冬の間も、ずっとお花をつけてくれています。雪の日も元気に乗り越えてくれ、頼もしい子です。
合わせたクリームカラーのリーフ、コロニラ バレンティナ バリエガータにも、黄色のお花がつくらしく。
ごきげん良く咲いてくれたならば、パープルイエローのグラデーションが完成する予定…楽しみに、見守ります。

b0241873_214641.jpg

一時はあやぶまれたオステオスペルマムも、奇跡の生還?で、たくさん花芽をつけてくれ、嬉しいかぎりです。
今年はすこし早目の、記念すべき一輪目。生命のいぶきに感謝です。
b0241873_2241173.jpg

葉ボタンのそびえ立つ、よく咲くスミレの寄せ植え。ビオラとパンジーの良いところを兼ね備えた、とゆうこちら、初めて植えてみました。
その名のとおり、冬の間もよく花芽がつきますが、すこし草丈短めの仕上がりでしょうか。
徒長した葉ボタンとのバランスがおかしなこととなってしまいましたが、それもまた御一興…?
b0241873_2372811.jpg

ピンクの枝のグリーンは真珠の木で、冬の間はぷりんとしたピンクの実がついていました。よくみると小さな花芽がついており、こちらも楽しみです。
となりのシルバーリーフはパルファム デュ エチオピアとゆうよもぎの仲間で、顔を近づけるとアップルミントの香りがします。植えたては強めに香りを放っていましたが、今はほんのり、やわらかい芳香です。
b0241873_2462490.jpg

ヴィヴィッドなパープル×ホワイトのビオラ。はじめはワイヤープランツとカレックスを寄せ植えていましたが、小さな鉢に所狭しと育ってくれたので、単植に。
くるくるとお日さまに当ててあげ、まあるく咲いてくれました。

そして昨日は、お彼岸の入りの日。お墓参りの道すがらにも、お花があふれていました。
b0241873_302450.jpg

もう葉まじりの、緋寒桜。
b0241873_312676.jpg

ピンク×ピンクのコントラストが可愛い、名知らずの花。
b0241873_345234.jpg

たわわに咲き誇る、コーラルピンクのボケの花。毎年楽しみな、大好きなお花です。
b0241873_372515.jpg

お寺さんの境内の、名知らずの花。ライムがかったイエローがきれいな、なんとも印象的なお花でした。

桜の見ごろももうすぐ。自然のいとなみと、今年もこの季節を味わえるよろこびに感謝して。
b0241873_3411499.jpg

( pinterestより、いまの気分なwords art。 )
[PR]
by windeeblog | 2013-03-18 10:14 | お庭のこと

秋のお手入れ・つづき

秋らしくさらりとした日がつづき、お庭しごともはかどります。

植えつけていたオスオスペルマムの挿し穂、すこし元気がでてきました。
b0241873_0133898.jpg

先日に続いて、別のプランターの寄せ植えからも、コガネムシくんが続々と。プランターの苗たち、それぞれとりだして根っこのチェックを…
なんとか救出してあげられたコリウス、残った根はほんのわずかでした。
b0241873_0142863.jpg

寒い冬を越してもらえるように、家の中に入れてあげましょう。

同じプランターからの初雪かずら、こちらはもりもりと元気です。
b0241873_0152685.jpg

夏からずっと咲き続けてくれているジニアは、すこし根をかじられてしまい。ありものをちらりと合わせて、なんとなくの寄せ植えに。
b0241873_0161110.jpg

寒くなるまでもうすこし、元気に咲いてくれますでしょうか…

あたらしい苗たちは、プランターで寄せ植えに。
b0241873_0172568.jpg

これから苗がもりっと育ってくれるのを期待して、かなりゆったり気味ですが…
b0241873_0193819.jpg

はじめましての宿根ネメシア。こちらは冬の間もぐんぐん成長し、咲き続けてくれるそうです。
b0241873_0202939.jpg

アンティークカラーのビオラは、小さな苗をグラデーションで。花芽もたくさん、これからもう少し、広がってくれそうでしょうか。
b0241873_0212818.jpg

コロニラ バレンティナ バリエガータと、長い名前のこちらは、
クリームカラーのちいさなリーフが可愛らしく。春には黄色い花が咲くそうで、そちらも楽しみです。
b0241873_0222230.jpg

ふんわりエアリーなカレックス フロステッドカール。ところどころくるりんとカールして、バランスに動きが出ますね。
寒いなかでも根が張りやすく、かなり旺盛だそうで。株分けでふやしていきたい、お気に入りです。

b0241873_0235335.jpg

こちらはそろそろ三年目の、カトレアクローバー。以前に2鉢に株分けしていましたが、それぞれもりっとあふれてきたので、あわせて大鉢に。
あたらしい居場所、気に入ってくれているようで、なによりです。


b0241873_0264439.jpg

今回はハプニングもあり、なにごとも日々お勉強だなぁと実感の、お庭です。
これからの季節も、植物たちにいごこち良く過ごしてもらえるよう、寄りそっていけたらと思います。
[PR]
by windeeblog | 2012-11-02 10:23 | お庭のこと

秋のお手入れ

日中も肌寒く感じられる日が増えてきて、お庭もすこしずつ、秋冬仕様に。

あたらしい苗をいくつか揃え、久しぶりの寄せ植え作りにわくわくでしたが…ちょっとしたハプニングがあり、仕上がっているのは、こちらの小さなひと鉢のみ。

b0241873_031313.jpg

ビオラとワイヤープランツに、初めてのチャレンジの、カレックス・フロステッドカールをそえて。
ふんわりとした空気感をプラスできるカレックス。こちらにはほんのすこしだけ…
ひと苗をいくつかにわけて、いろいろ合わせてみるのも楽しみです。

今回は、寒さに弱い植物たちの冬越しの準備も、たいせつなお仕事。
まずは、夏が終わってなぜか立ち枯れてしまった宿根バーベナの鉢を返してみたところ。
カブトムシの幼虫のような、ライチの実のような?ぷっくりと乳白色の虫たちが、続々と…

びっくりして調べてみたところ、まさしくそれはコガネムシの幼虫でした。
有機質の土を食し、そのため土中の根をどんどんかじっていってしまうとのこと。一匹みつかれば十匹はいる、とのとおり、ひと鉢の土から十匹以上発見。

(地植えのホトトギス、可憐に満開です。)
b0241873_0451795.jpg

ふだん虫対策の薬剤を使わないようにしているので…
諸先輩かたがたの様々な体験を読むにつれ。
園芸初心者、ついに洗礼をうけました、とゆう心もちです。

(紫のホトトギスは、ドット柄。)
b0241873_043645.jpg


以前は虫が大の苦手で、見るのもさわるのもだめ、とゆう具合でしたが。
園芸をはじめてから、植物も虫もひとも、同じ生きているもの同士なのだなあ、と感じられるようになりました。
もちろん今回のように、こちらの都合で処理の対象となってしまう植物たちや、虫たちもおり…
その場合、心苦しいような感覚でもあるわけですが。


今年の初夏までたくさんの花々を咲かせてくれた、オステオスペルマムの鉢にも、ライチくんたちが…

(今年5月のオステオスペルマム)
b0241873_0521997.jpg

こちらは運良くほんのわずかの根が残っており、土を入れ替えて、冬越しのための剪定をしてあげ。
もう何年も我が家にいてくれていますが、すこし不安ののこる、親株です。
b0241873_122457.jpg

前回の剪定で挿し穂にしていたものが発根していたので、希望をつなぐ思いで、鉢植えに。

どちらも、すくすく育ってくれますでしょうか…

まだちらちらと咲いてくれているベゴニア・タブレットも、冬のおしたく。
家の中での冬越しのため、剪定して根ごと水につけておいてから、鉢をきれいにして、植え替えます。
こちらは、目立った虫くんはいませんでした…

b0241873_142550.jpg


花のさかりにポキリと折れてしまった枝たちの挿し穂、ちいさな鉢の中でまた花を咲かせてくれたので、大きな鉢植えに。
b0241873_1645.jpg

今週末からの冷え込みの前に、どちらも家の中に入れてあげましょう。


10月なかばを過ぎてから、年末にむけて、すこしづつ大掃除もはじめており。普段は手と目の行き届かないところから、ひとつひとつきれいにしていきます。
家族でわいわいと暮らしていると、それなりに人数分の日々のよごれや、ものたちも…
なかには、積年のものもあったりで。

お掃除をしていて思うのは、園芸や手芸、日々の料理や家のくらしのお手入れも、すべて同じ想いからきているな、とゆうこと。
購入したものやいただいたもの、ゆずり受けたものや環境など、
縁あって自分の目の前にあるすべてのもの・ことを、
たいせつに思う気持ち。生かしてあげたいな、とゆう想いです。

(花も終わり、紅葉したミセバヤ。淡いグラデーションがうつくしく。)
b0241873_1115880.jpg

時をみて処理をしていったりすることもふくめて、適材適所、
たいせつに。
日々こつこつと取りくんでいることが、ひとつひとつリンクしているのだなあと、感じます。

お庭のはなしから、おもいのほか赤裸々な?文章となってしまい、恐縮なのですが…
今回感じたこと、書きとめておきたかったので、記事にさせていただきました。

ここまで読んでくださり、有難うございました。

b0241873_121577.jpg

秋のお手入れ、もう一息です。
また次回、あたらしい苗たちを、植えてあげましょう。
[PR]
by windeeblog | 2012-10-30 10:21 | お庭のこと

処暑の庭

こよみの上では今頃は、立秋を過ぎ、処暑(暑さのおさまる時期)、とのこと。
とはいえ、まだまだ夏!な、お庭です。

すこし植えつけの遅れてしまった夏の寄せ植えも、やっといきいきと花開いて。
b0241873_12335253.jpg

夏のお花・ジニアと、カラーリーフのコリウスは、ピーチカラーのグラデーション。初雪カズラの新芽がにょきっとピンクを添えてくれます。

やわらかくおいしそうな(?)コリウスは、バッタくんたちの大好物です。
b0241873_12492718.jpg

今日もひとくみ様ご来客。

淡いピンクのベゴニア・タブレットは、もりっとかなりの大株に。
b0241873_12532497.jpg

つぎつぎ咲き続けてくれるたびに、大輪になってきています。
b0241873_12564015.jpg

ライムグリーンの新葉も続々、まだまだ成長してくれそうです。
b0241873_12594278.jpg

こちらのタブレットは折れやすく、日当たりのための鉢まわしも、慎重にしてあげますが。時にはポキッと…
b0241873_1335414.jpg

挿し芽にしてみたところ、花を咲かせてくれました。
b0241873_1343921.jpg

置き場所の日当たりの良さに、銅葉ではなく、元気なグリーンに。
b0241873_1383724.jpg


ひぐらしも鳴きはじめ、秋の足音がきこえてきそうな気配ですが…
もう少しこの輝くお日さまと、暑い夏を楽しみたいですね。
[PR]
by windeeblog | 2012-08-20 10:12 | お庭のこと