ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

ふるふわいちごヨーグルト・レシピ

先日の記事の、いちごミルク寒天
いちごの美味しいうちにもう一度、とゆうことで。
b0241873_58072.jpg

前回の反省からヨーグルトの配合を工夫して、目指していたとおりの、ふるふわな仕上がりに♡
そして、ヨーグルトのphのおかげか?いちごのピンクも、よりクリアに発色してくれました。
b0241873_5323449.jpg

あこがれの、ふるふわ感…

覚書きとして、レシピを記しておきます。

1.いちご1パック分をフォークでつぶし、グラニュー糖適宜を入れ混ぜ、お好みの甘さに。約200gになります。
2.ヨーグルト800gをボールに入れ、グラニュー糖適宜を入れ混ぜ、お好みの甘さに。
3.1と2を泡だて器でよく混ぜておく。
4.流し入れたい容器を準備しておく。
5.寒天液をつくる。
鍋に牛乳200cc、グラニュー糖適宜、粉寒天4gを入れ、よく混ぜてから、弱めの中火にかける。
へらなどでよく混ぜながら、沸騰後も2分間火にかける。(火加減注意しながら。) 
6.鍋を火からおろし、すぐに3のボールに寒天液を一気に入れ、泡だて器で空気を入れるようによく混ぜる。
7.容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やす。

と、とても簡単にでき、寒天なので、すぐに固まってくれるのも嬉しいところです。
☆ただ、すこし冷めるとすぐに固まってきてしまうので、6から7の作業は、手早く一気に進めます。

今回は甘党の祖母に合わせてグラニュー糖を各工程使用しましたが、甘みはお好みで。
フルーツはたとえばいちご以外でも、バリエーションではちみつとレモンなどでも、さわやかにできそうだなぁと…

☆ふるふわのコツは、ヨーグルトと寒天の割合です。
(ヨーグルト+入れたいフルーツ液+寒天をとかす液)1200cc : 粉寒天4g となり、
1200ccの内わけは、
(ヨーグルト)800gから900g、(入れたいフルーツ液+寒天をとかす液)400ccから300cc となります。
入れたいフルーツによって、ヨーグルトを900gにして寒天液は牛乳でなく水にしてみたりなど、フレキシブルに応用できそうです。
今回はたくさん作ったのでこの分量ですが、もちろん半量などでも。


こちらのふるふわいちごちゃんをおみやげに、昨日は祖母の家までお花見がてら…

ひなまつりには梅の咲いていた公園も、もう桜が咲きはじめ。
b0241873_6491413.jpg

三分咲き、といったところでしょうか。
b0241873_6503157.jpg

大株のまさに見ごろな雪柳。
b0241873_6513449.jpg

あざやかなレンギョウ。
b0241873_6552665.jpg

ペールトーンが素敵な、木蓮と山桜。

先日伯母のお手伝いで作った、祖母宅の寄せ植えの成長も、気になっていたところ。
b0241873_781735.jpg

伯母のチョイスの春らしいカラーの苗たち。
b0241873_782863.jpg

いつも渋好み?になってしまう自宅の庭ではなかなか出会えない配色がとても新鮮で、たのしい作業の時間でした。
元気に可愛らしい姿に、鮮やかなカラーの寄せ植え、自宅にもつくってみたいなぁと思ってみたり。

今回は母と伯母たちの3姉妹が集合で、祖母も嬉しそうな笑顔、何よりです。
ふるふわちゃんも喜んでもらえ、わいわいと楽しく、なごやかなひとときが過ごせました。

帰り道にも、お花たちが。
b0241873_7391427.jpg

みごとなコブシの大木。
b0241873_742831.jpg

すっくとした立ちすがたの、桃の花。


うつくしいお花たち満喫の、穏やかな春分の日に、感謝です。
[PR]
by windeeblog | 2013-03-21 10:23 | 日々のこと
<< その後のオステオスペルマム。 春爛漫 >>