ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

桃の節句と梅の花。

長い間飾っていなかった、お雛様。
今年は久しぶりに、内裏雛だけでも、と…
b0241873_1164486.jpg

ちょこんとおすましのちりめん細工の桃は、母の手作りのもの。
b0241873_0265654.jpg

裏側も可愛いです。
b0241873_0271289.jpg

こつこつと時を経てきた絹地たち、小さな布地もこうして生かしてあげられ。飾るよろこび、作り手のよろこびもひとしおの、桃ちゃんです。

3日の日は、祖母と伯母の暮らす家まで、お散歩がてら。
おみやげにも、と、いちごのミルク寒天を作りました。
b0241873_0485919.jpg

桃の節句らしく、パステルピンクな世界観。
寒天でもふるふる感の出せるレシピのアレンジで、わくわくでしたが…
思いのほかさっくりとした仕上がりに。
ヨーグルトの配分が少なかった模様。いちごの季節のうちに、再チャレンジしたいところです。

b0241873_229945.jpg

そして、春仕様のちらし寿司も作って持参しました。
手間ひまかけて作るその行いが、ごちそうですね。

伯母も、母作の桃ちゃんを飾ってくれていました。貝のお皿におすましです。
b0241873_131318.jpg

祖母の家の、お雛様コーナー。
b0241873_161567.jpg

ほっと愛らしいにぎやかさですね。

そろそろ梅が見ごろなのでは?と、母とふたり、梅園のある近所の公園を通りつつ家路へ。

はじめにお出迎えしてくれた、紅色の梅。
b0241873_1172361.jpg

となりには、マンサクの木が。
b0241873_1332920.jpg

曇り空に紅梅色とマンサクのブライトイエローの配色、素敵でした。

小さいころからよく遊びに来た公園。久方ぶりの訪問に、木々の成長をあたたかく実感します。
b0241873_124011.jpg

梅園は、満開まではもう少し、といったご様子。
b0241873_1255467.jpg

浮世絵や日本画のモチーフにも好んで用いられ、ゴッホをも魅了した梅の木。クールな枝ぶりと丸い花のフォルムのコントラストや、何よりすっきりと甘酸っぱいその香りが好きで、毎年花が開くのを楽しみにしています。

亡くなった同居の祖母も、梅の香りのお線香を好んでお供えしていました。今はわたしが毎日供えるお線香も、やさしくほのかな白梅の香りを愛用しています。

昨日訪れた祖母の家の近くにも、みごとにほころんだ白梅の木が。
b0241873_1263444.jpg


祖父母の贈ってくれたお雛様を愛で、祖母と伯母に顔を見せに行くことができ。大好きな梅の花のほのかな香りや木々の息吹にふれ、今年は充実の、桃の節句の日となりました。
おだやかな時間に、感謝です。
[PR]
by windeeblog | 2013-03-04 10:17 | 日々のこと
<< 春爛漫 フリルフラップモバイルポーチ・... >>