ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

sweet photo な スイートポテト

お菓子づくりめいている、このごろ。
先日はお芋をたくさんいただいたので、スイートポテトに。
b0241873_1732258.jpg

写真を加工・共有できるサイト、sweet photo。はじめてみました、画像はこんな具合に☆

我が家にはココットで、祖母へのおみやげには、コロンとひとくちサイズのカップで焼きました。
レシピは先日に続き、クックパッドさんから。
まさにしっとり濃厚、祖母好みの、しっかりとした味わい。
食べすぎ注意!の美味しさです。

同じ日、父のお誕生日のお祝いにと、ポテトと並行してちらし寿司も作成…
b0241873_18102578.jpg

こちらは、亡くなった祖母から伝わる、我が家の味。
父の好物、おいしくできました。
被写体に反して?popart加工できれいなお色味が出せたりと。
何かとたのしみなsweet photo。windeeアカウントで、ギャラリー公開しています。

そして、お日さまの輝く暑い日、スイートポテトとお寿司を少しおみやげに。祖母がショートステイでお世話になっている施設へ、お見舞いに行きました。
ささやかなおみやげに祖母も喜んでくれ。一緒に味わうことができて、何よりです。
静かな高台にある施設。竹林のそよぐ、とてもおだやかな環境でした。
b0241873_2337467.jpg

ぬけるような青空がうつくしく…
すこし空も高くなって、きらめく陽射しにも、秋の気配ですね。

家路の駅のホームでは、素敵なハプニングが。

ベンチにひとやすみ腰かけていると。あのー、と、10歳くらいの?制服の女の子が。
☆☆駅に行くには、どの電車ですか?と。
時刻表をみてあげ、二つ目の駅だから、つぎの電車にのって☆分でつくよ、と私。
あなたもこの電車にのるの?と、すこし不安そうな女の子。
わたしはこの駅がお家だから乗らないんだ、でも乗ったらすぐ二つ目だから、だいじょうぶ、と私。

すると。ねぇ、このバッグかわいいね♡と、女の子が。
ほんと?ありがとう!私作ったんだよ。と、持っていたカードケースもとりだして、これも作ったの。と。
女の子「えー!すごい、こんなのつくれるの?すごい、わたしムリ!」
私「そんなことないよ、好きならできるよ、一生懸命やればできるよ☆」
女の子「どうやってつくったの?お店やってるの?」
…などなど、電車がくるまで、ひとしきり楽しくおしゃべり。

電車が近づくと、またね♪と、わたし。
「また会えたら嬉しいけど…でも、明日もこの時間にここにいるから、いつかまた会えるかな。」
と、すこし寂しそうな笑顔の女の子。
かるくまたね、と言ってしまったこと、傷つけてしまったかな…
お別れはおしとやかなハイタッチ。離れていく車窓から、見えなくなるまでお互いに、笑顔で手をふりあったのでした。

日に焼けた、妖精のような透明感を湛えた、うつくしい女の子。
windeeの作品をみつめる瞳は、きらきらと輝いていました。
とても嬉しく、sweetな、夢の中だったような?
すこし不思議な、やさしいひとときでした。
b0241873_0424690.jpg

おだやかな日々と、ちいさな奇跡に、感謝です。
[PR]
by windeeblog | 2012-09-11 10:17 | 日々のこと
<< フリルフラップトート・ナチュラ... レーズンバナナ・パウンドケーキ >>