ブログトップ

windee

windee.exblog.jp

年末年始、つれづれ。

新しい年が始まって、早いものでもう半月ですね。
皆さま、寒中お見舞い申し上げます。

昨年は祖母が他界し喪中とゆうこともあり。我が家としては例年になく、ゆっくりとのんびりな、年末年始でありました。

いくつか写真があるので、とりとめなく…
b0241873_17581571.jpg

この一年の羽根を休めに、久しぶりに家族旅行へ。
ごくごく近場での一泊でしたが、ホテルのご厚意でお部屋をアップグレードしていただけたりと。
見慣れた風景も新鮮に感じられ、とても貴重な時間を過ごすことができました。

上の写真は、チェックイン時のラウンジの窓から。ミルキーなサンセットがとても綺麗でした。

b0241873_181834100.jpg

お部屋からの夜景も、色とりどりに。
いつもはなんとなく通りすぎてしまいがちですが。こうしてあらためて慣れ親しんだ街を眺めてみるのも、良い体験でした。

そして、夜景といえば。時はもう少しさかのぼりますが…

以前に訪れた、charan paulin とゆうお店。 念願のディナーにおじゃましてきました。
b0241873_18353011.jpg

友人とのお話に花が咲き、お料理の写真はすっかり撮り忘れてしまいましたが、洗面所からの景色が素敵だったので。
この日は雨でとても寒かったのですが、おかげできれいな雨粒が写りこんでくれました。
b0241873_18434023.jpg

丁寧に作られた、お出汁のきいたお料理はとても美味しく。
作家さんの手の温もりの伝わるようなうつくしい器でいただく吟味されたお酒も、するりとすすみ。おかわりのたび、違うパターンの切子グラスで提供して頂けたり、作家さんの紹介をしてくださったりなど。細やかなお心遣いも、とても嬉しかったです。

穏やかな心地よい空間での、美味しく楽しいひとときでした。

b0241873_1935592.jpg

charan paulin への階段。静かに時を重ねた、素敵なビルです。
これからも、大切に通っていきたいお店です。

話は戻り…
b0241873_1910654.jpg

ホテルで迎えた朝はみごとな快晴で、輝く朝日が美しく。
b0241873_213454.jpg

清々しく朝日の射し込むお部屋。白とブルーを基調に、カーペットはサンゴモチーフだったりと、大好きな海のイメージ。
b0241873_2134217.jpg

ベッドサイドには、心温まるおもてなしがありました。小学生の女の子が描いた絵に日付やその日のお天気がそえられた、可愛らしいおやすみカード。良い記念になりました。
b0241873_214962.jpg

ゆっくりめのチェックアウトも有り難く、すぐそばの桟橋まで、のんびりお散歩がてら。
b0241873_2142482.jpg

シーバスにのりました。まさに船日和の、ぬけるようなブルースカイでした。
b0241873_2112167.jpg

穏やかな水面に、お日さまがきらきらと。
b0241873_21125544.jpg

お天気にも恵まれ、ゆったりと贅沢な一日でした。
つかの間の休息でしたが、家族で感謝に満ちた時間を過ごせたこと、とても有難く思います。

そして、のんびりと迎えたお正月。
今年のお菓子作りはじめは、伯母からのいただきものの発酵バターをいかして、スイートポテトに。
b0241873_21122926.jpg

伯母へのおすそわけには、お庭のパンジーを摘んで。花芽の上がりのゆっくりだった苗も、きれいに咲いてくれました。
喜んでもらえたようで、なによりです。

個人的には、年末から新生活が始まりつつで。ブログの更新もままならなかったりもありますが…
時間を見つけて、これからもぽつぽつと。
windeeの制作やお菓子づくり、日々の庭仕事も、こつこつと続けていけたらと思っています。

その名のとおりふんわり気ままなブログですが、いつも訪れていただき、有難うございます。

2014年も、どうぞよろしくお願いします。

b0241873_21135794.jpg

[PR]
# by windeeblog | 2014-01-12 10:22 | 日々のこと

in bloom

早いもので、今日からもう12月。日中の陽だまりがありがたい季節です。
b0241873_1735030.jpg

ここのところのやわらかい陽射しをうけて。パンジーの花芽たち、ほころび始めました。
単植のこちらは、イエローに、ココアのような優しいアンティークカラー。
b0241873_17105493.jpg

寄せ植えのこちらは、クリームイエローにペールピンクの淡いグラデーション。
どちらも”わらく”とゆうシリーズで、立体的な花びらや色味も好みで、うれしい出会いでした。寒さに強く、冬も良く咲いてくれるそうです。

日当たりの弱かったもうひとつの寄せ植えは、同じ日に植えたものでも花芽がまだ上がらず、あわてて日向に移してあげましたが…陽射しをあびるすがたを、おろおろと見守っているところです。
そんな植物の素直さにふれるのも、園芸の魅力のひとつですね。

b0241873_17342797.jpg

そして先月は、母の誕生日があり。今年のお花は、シルバーピンクなイメージで。
b0241873_17421753.jpg

ご近所に新しくできたお花屋さんは、実ものやグリーンも豊富な好みの品ぞろえで、嬉しいかぎりです。
b0241873_1744883.jpg

それぞれ活きもよく、この時から半月以上たった今も、玄関を彩ってくれています。

寒さをほっと和らげてくれるような、冬のお花たち。
心地よく咲いてもらえるよう、お手入れを楽しんでいきたいです。
[PR]
# by windeeblog | 2013-12-01 10:17 | お庭のこと

冬じたくの庭

ここのところは空も澄みわたり、日中のやわらかい陽ざしがありがたいですね。
とは言え、空気はきりり、と冬の気配です。

この季節といえば、とゆうことで。
b0241873_17595452.jpg

あずきをゆっくりコトコトと、おしるこに。
祖母の好物でもあったおしるこ。小さい頃から冬になるとよく作ってくれ、アクとりをお手伝いしたりしたものです。
ひとりで作ってみると、休む間もなく浮かんでくるアクと向き合いながら、あのお手伝いもすこしは助けになっていたのかもなぁ、としみじみ思ったりで。
冬のあいだに、また作りたいおやつです。

先週の寒さがます前に、庭も冬のお手入れを。すべりこみで間に合いました。
b0241873_21245665.jpg

今年もたくさん咲いて楽しませてくれた、ベゴニア・タブレット。土を入れ替えてあげ、お部屋の中で春を待ちます。
b0241873_1828398.jpg

葉ボタンとパンジー、ガーデンシクラメンを寄せ植えに。
パンジーは、ビオラとパンジーの良いところをあわせ持つとゆう、”わらく”のシリーズ。ポットのままで何日か経ってしまい、ひと花咲き終わっており。次のつぼみの上がってくるのを、待っているところです。
b0241873_18383831.jpg

フリルの葉ボタンとパンジー、パルファム・ドュ・エチオピアと初雪かずらをあわせて。
b0241873_18503181.jpg

こちらには、おどり葉ボタンとフリル葉ボタンの、2種類を。ホワイトのガーデンシクラメンは、かすかにフリル気味?の、フラメンコダンサーとゆうシリーズ。とりわけ寒さに強いそうで、春まで元気に咲いてくれますでしょうか。
合わせたアイビーは、切りとって水に挿して飾っていると発根してくれる枝があり、それらを土に植え戻してあげたもの。
ワイヤープランツも、ひとつのポットからぐんぐん増えて、いろいろと活躍してくれています。
b0241873_2144114.jpg

ガーデンシクラメンも、上手なお手入れが出来れば夏越しできるそうで…

長い冬の庭しごと、植物たちをのびのびと生かしてあげられるように、こころを配っていきたいです。
[PR]
# by windeeblog | 2013-11-21 10:17 | お庭のこと

colors

久しく更新をお休みしていた間に…気付けばもうぽつぽつと、冬支度な今日この頃です。

b0241873_18324084.jpg

秋のおわりを知らせてくれる、庭のマムたち。今年もきげんよく咲いてくれました。

いくつか撮りためていた秋の色たち、のせていきます。
b0241873_18492171.jpg

たわわに実ったざくろの木。お彼岸のお参りの日の一枚でした。
まだ夏のなごりの陽ざしが、すでになつかしく。
b0241873_18555414.jpg
b0241873_18561990.jpg

きれいなお野菜をいただきました。うつくしいストライプの茄子、はじめての嬉しい出会いでした。お味もクリーミーでなめらか。とても美味しくいただけました。

b0241873_195972.jpg

気になっていたカフェに立ち寄り、手作りのショコラタルトを。シンプルかつしなやかな空気感、静かな心地よいひとときでした。
次回はぜひ、お食事に訪れてみたいお店です。
CharanPaulin


b0241873_2123154.jpg

愛用していたミラーポーチがだめになってしまい。自分用にあたらしく、制作を。
b0241873_21305340.jpg

以前のものからミラーをとりだして、リユースです。お気に入りのファブリックたちを合わせて、やさしい色合いに。
b0241873_2133492.jpg

ヴィンテージファブリックのシルクシフォンのお花をそえて、ふんわり感をだしました。
日々手にふれるものの色味や質感、大切にしていきたいです。

と、あっとゆう間に過ぎていった秋。写真でそっとふりかえってみました。


今年の寒さの早めの訪れに、ツリーを飾る気分も早まって。
b0241873_22405742.jpg

長い冬をむかえる準備。こつこつと、はじめています。
[PR]
# by windeeblog | 2013-11-17 22:50 | 日々のこと

夏の庭、あれこれ。

今日で8月も終わり。虫たちのかなでる音色も、秋の気配ですね。

過ぎゆく夏を惜しみつつ。ぽつぽつと撮りためた、夏のお庭の植物たちです。

b0241873_1634523.jpg

暑い中健気に咲いてくれたお花たちは、切り花にしてもいたみやすく、気が引けてしまいます。ぐんぐんと伸び盛りのグリーンたちであれば、見た目も涼やかに、長く楽しませてくれます。

ふわふわのアジアンタムは、庭のかたすみに、こんもりと自生で育ってくれました。置いた鉢から胞子がとんだのでしょうか、半日蔭のあの場所の居心地、気に入ってくれたようです。
ローズマリーの香りもさわやかな、夏のアレンジです。

b0241873_1821841.jpg

そして、夏のお花、ジニア。今年は香るシルバーリーフ、パルファム・デュ・エチオピアと合わせてみました。こちらは7月のすがた。
b0241873_188165.jpg

8月の終わりの今は、こんな具合に…エチオピア、あばれております。
ジニアにはそろそろ栄養をあげたいところですが、伸び放題のエチオピアさん、はたして整えていってあげられるのか?…お勉強のせまられる秋です。

夏のお花もうひとつ、こちらは7月の千日紅。ぽんぽんと、あざやかな色味をそえてくれます。
b0241873_1826915.jpg

2年目の花オレガノ、脇芽もふえ、今年も花をつけてくれました。
b0241873_1830783.jpg


そして、梅雨のあたりからだったでしょうか。もりもりのワイヤープランツに、変化が…
b0241873_18385236.jpg

完全にぼけてしまい恐縮ですが、ぷりんと半透明の、ちいさな実がついており。ライチのような、水をたたえたぷりぷり感…思わず調べてみると、実際ライチのような味(!)がするそうです。
b0241873_18401371.jpg

味見をためす?勇気もなく、きみにも実がつくんだねぇと、水遣りのたびにほほえましく。
そういえば5月ごろだったか、淡い色の小さな花が咲いていたのでした。
ひとつのポットからどんどん増えて、今では庭のあちこちを彩ってくれる、ワイヤープランツ。これからも、のびのびと育ってくれたら嬉しいです。

春からずっと咲き続けてくれている、ベゴニア・タブレット。おとなりは、つやつやの新芽の初雪カズラ。夏の朝陽に、淡いピンクがやさしく映えていました。
どちらも半日蔭にも向く植物で、この場所がお気に入りのご様子、すくすくと育ってくれます。
b0241873_21384280.jpg

ここは日中には陽がかげり始めますが、風の通り道にもなっていて、さわやかな居心地のよさがあるようで。
猫がのんびりお昼寝をしていたり、蝶や鳥が風に乗ってきもち良く通り抜けていく様を、よく見かけます。

7月の中ごろ、この風の通り道に、細いからだに玉虫色の光をおび、黒い羽根で蝶のように舞う、トンボのような?虫がやってくるように。なんともゆったりと、どこか不思議なすがたが気になって、調べてみると。
ハグロトンボとゆう名の、蜻蛉でありました。

こんなふうに、ひらひらと。お盆の時期にみられることや、夕闇を舞う幽玄なさまから、別名・神様トンボ、ともよばれるそうで。ゆるりと羽根を休めるすがたをずっと見つめていられるような、うつくしい蜻蛉でした。
来年もまた、訪れてくれるのを楽しみに。

そして、梅雨前あたりからやってきていた鳥は、庭の木に巣作りをはじめており。
b0241873_0283438.jpg

せっせと子育てにはげむ間はあまり観察するのもかわいそうなので、なるべくそっとしておいてあげました。いつの頃からかすがたを見かけなくなりましたが、かわいらしい巣は、そのままにしてあります。

と、この夏さまざまに楽しませてくれた、風の通り道の訪問者たちでした。

夏の終わりを告げるとも言われる、ヤブランの花も見ごろを過ぎて。
b0241873_055112.jpg

次の季節をむかえる心じたくも整えつつ。お庭での、あれこれでした。
[PR]
# by windeeblog | 2013-08-31 10:08 | お庭のこと